外観

当事務所の特色

創立者國吉良雄弁護士が、東京国税局に在職中、同局の訴訟事件を多数手がけており、当事務所開設後も税務訴訟の被告である税務署長の代理事件に長年にわたり関与してきた経緯から、当事務所は法律のみならず税務の顧問先会社をもち、法律税務の両面にわたる相談業務を主として扱って参りました。現所長である國吉克典も、実父同様税務訴訟の被告(国側)の代理を担当した実績を持っております。
関与先は、機械等メーカー、金融機関、不動産、ゴルフ場経営会社、出版会社、病院等、事業規模も多岐にわたり、各分野の法律相談に迅速に対応しております。
取り扱い業務は、企業法務、不動産関連、コンブライアンス対策、知的財産権関連、相続、通常民事事件等多岐に渡りますが、最近の傾向としては、企業法務を中心に、不動産関連事件の相談、破産・民事再生事件、事業譲渡、金融商品取引法、相続、債権回収関連の相談が増加しております。